12月29日(水)木星が魚座に入室します!

【モレスキンの使い方】ルーティンをゴム印化すると可視化が捗る

目次

手帳に何度も書き入れる言葉はゴム印化してみよう

どうしても手帳に記録をしていくと、何度も書き入れる言葉(単語)が出てきてしまいます。
例えば、私の場合、大半の仕事は「記事作成」と「資料作成」になります。他にもいろいろありますが、とにかく、書き入れる頻度としてはこれが頻出です。

なので、書き入れる手間を惜しんで、ゴム印化してみました。

結果、ルーティンとそれ以外の業務の時間や頻度が可視化できるようになった

もちろん、業務によって色分けして可視化する方法もありますが、もともとそんなに手帳の中で色をたくさん使うとごちゃごちゃしてかえって見にくくなることもあります。

ゴム印化することで、色は同じで(私の場合は、仕事は青ペンなので、ゴム印のインクも青を使う)ルーティンの時間とそれ以外の仕事の時間が可視化できるようになりました。

自分の流れを知ることにおいても、日々の業務であるルーティンが恙なく進んでいるのか、イレギュラーが新規の仕事が入ってきている時期なのかがわかりやすくなります。

新しい仕事が定着すれば、それがゴム印化される。

と言うようにルール化するとむやみやたらにゴム印が増えて管理が面倒になるということもなくいいかもしれません。

スタンプ台のオススメ

赤や黒のオーソドックスな色のスタンプ台は100均にもあるのですが、それ以外の色は青でさえありません。

そこで、シャチハタの藍色の一番小さなサイズのを買い足しました。
ちなみに、それまで使っていたのは、同じシャチハタではありますが、一番大きなサイズ(極端)

これは、手形を取るために一番大きなサイズになったのです。

シヤチハタ スタンプ台 HGN-1-B 小形 藍

大は小を兼ねるのですが、大型のスタンプ台はデスク上に必要以上に場所をとるため、小さいものを買い直して捗っております。

講義のお申込みやお問い合わせは自由大学までお願いします

現在「自分の物語が見える手帳学【オンライン】」1期の受講生募集中です!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

オクシタニアのオックン。です。
「自分軸」や「自己分析」について日々研究を重ねています。
オクシタニアの活動の他に自由大学で教授も務めています。

目次
閉じる