01月14日(金)より水星逆行が始まります!

京極夏彦『嗤う伊右衛門』

京極夏彦『嗤う伊右衛門』

本文より

看板は、そこにあると知れば-そこに在った。ならば見えるというよりも、心中に像を結ぶというた方が中っていよう。慥に目明きにはものが見えるが、本来ものは見えるのではない。視るのである。即ち真実にものを視るのは眼に非ず、そう知って宅悦は落ち着いた。

嗤う伊右衛門 (角川文庫)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

オクシタニアのオックン。です。
「自分軸」や「自己分析」について日々研究を重ねています。
オクシタニアの活動の他に自由大学で教授も務めています。

目次
閉じる